スポンサーリンク

スマホ決済とは?スマホアプリ決済サービス主要4社(LINE pay 楽天ペイ d払い PayPay)の比較とおすすめまとめ

スマホ決済サービスアイキャッチ


こんにちは、ペイメントオタクのもっさんです。

スマホアプリ決済サービス主要4社(LINE pay 楽天ペイ d払い paypay)の基本還元率や利用できる店舗(コンビニ、家電量販店など)情報をまとまてみました。

比較検討する場合に参考にしてください。

スマホ決済とは

スマートフォンにアプリをダウンロードして会員登録をおこうなうと、スマホ画面に表示されるバーコード/QRコードを読み込むだけで決済ができるサービスです。

従来の非接触決済と違い物理的なICチップをスマートフォンに載せる必要がないため、基本的にはアプリがインストールできれば利用できるので、端末の種類を問わず利用できます。

現在各社がサービス参入し加盟店獲得競争をおこなっていますので、現在利用できるお店が急拡大しています。

スマホ決済の仕組みと利用方法

スマホ決済の仕組み

各社が利用保持しているWEBアカウント(楽天IDやdアカウント)の決済情報を街中の店舗で利用可能にしたものが大半です。あらかじめWEBアカウントを持っていればサービス開始時の手続きが簡略化されます。

スマホ決済利用方法

  1. アプリを立ち上げる
  2. 店頭でバーコードを読み取ってもらうorコードを読み取り金額を入力
  3. 決済完了

基本的にはこの3ステップです。

決済金額はあらかじめチャージされたウォレット残高や紐付けられたクレジットカードから引き落とされます。

主要スマホ決済サービス基本情報

LINE pay

メッセンジャーアプリLINEの拡張機能です。

LINEアプリの拡張機能ですのでLINEを利用していれば、規約に同意とパスコードを設定するだけで利用できます。

LINEのダウンロードはこちらからどうぞ。

LINE
LINE
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

楽天ペイ

楽天市場を擁する楽天のスマホ決済サービスです。

利用するには専用アプリが必要、楽天IDを登録すれば利用可能です。

楽天ペイのダウンロードはこちらからどうぞ。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

d払い

ドコモが推進するスマホ決済サービスです。

利用するには専用アプリが必要、dアカウントを登録すれば利用開始です。

ドコモのサービスですが携帯の契約は必要ありません。

d払いのダウンロードはこちらからどうぞ。

d払い-dポイントがたまる・つかえる!ドコモのスマホ決済
d払い-dポイントがたまる・つかえる!ドコモのスマホ決済
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

 

 d払いはこちらで詳しく解説しています。

www.moslog.net

 

PayPay

PayPay株式会社が開始したスマホ決済サービスです。

利用するには専用アプリが必要、電話番号とパスコードの設定かヤフーIDの登録が必要です。

ちなみにPayPay株式会社はヤフーとソフトバンクの関連会社です。

PayPayのダウンロードはこちらからどうぞ。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

スマホ決済の貯まるポイント、還元率

貯まるポイント一覧


各社キャンペーンを頻繁に行っていますので還元率は大きく上下します。各社基本還元率は0.5%です。PayPayのみポイントではなくPayPay残高へのキャッシュバックになります。

スマホ決済の主要コンビニ、家電量販店対応状況

コンビニ一覧

コンビニ一覧

各店舗対応を開始していますがファミリーマートが現在主要4種に対応しています。時点でローソン、ミニストップですね。

ローソンに関してはorigami payにも対応しています。

セブンイレブンは独自規格のセブンペイを企画中。デイリーは現状特に発表はありません。

家電量販店対応状況

PayPayはビックカメラグループ、ヤマダ電機グループ、ジョーシン電気、エディオンなど多くの家電量販店で利用可能。

LINE payはビックカメラグループとジョーシン電気で利用可能。

楽天ペイとd払いは主な家電量販店では現在利用できません。

 

スマホ決済にチャージする方法一覧

チャージ方法

スマホアプリ決済サービスに登録可能なクレジットカードとおすすめのカードd払いのみドコモの携帯料金と合算払いが可能です。

PayPayはYahoo!ウォレットに銀行口座を登録すれば利用可能になります。

スマホ決済にチャージできるポイント

ポイントチャージ

LINE payではLINEポイントを利用して決済が可能です。ただしLINEクレジットの残高は利用不可になります。

楽天ペイでは楽天スーパーポイントを種類問わず利用することが可能です。楽天キャッシュの残高も利用可能です。

d払いではdポイントは利用できますが期間限定ポイントの利用はできません。ドコモ口座の残高を利用することができます。

PayPayではYahoo!ウォレット内にあるヤフオクの売上金を利用することができます。

スマホ決済のクレジットチャージに利用可能国際ブランド一覧

国際ブランド一覧

基本的には各社VISA、Mastercardは登録可能です。

  • LINE payではスマホ決済にクレジットカードは登録できません。登録の項目はありますがオンラインの決済にのみ使用されます。
  • 楽天ペイは主要スマホ決済のなかで唯一JCBが登録可能です。また楽天カード限定ですがアメリカンエキスプレスも登録可能です。
  • d払いはVISA、Mastercardのみ登録可能です。
  • PayPayではJCBはYahoo!JAPANカードのJCBのみ登録可能です。

登録にオススメなクレジットカードは?

基本的には還元率の高いカードを登録すればよいですが、僕のおすすめはバーチャル決済サービスのkyashを登録するのがおすすめです。

kyashはVISA、Mastercardが登録できる決済サービスで2%のキャッシュバックを得ることができます。どんなクレジットカードを登録しても+2%のキャッシュバックを得ることができます。

スマホ決済では楽天ペイとPayPayに登録可能です。

kyashはこちらで詳しく解説しています。

www.moslog.net

 

d払いはkyashは登録できませんが、ドコモの別サービスドコモ口座VISAプリペイドを登録できます。こちらは年会費はかかりますが、常時1%のキャッシュバックを得ることができますので上手に利用すれば2.2%の還元率を維持できます。

ドコモ口座VISAプリペイドは利用できなくなりました。今後はドコモ口座充当かdカード払い/携帯料金合算で利用しましょう。

d払いとドコモ口座に関してはこちらで解説しています。

www.moslog.net

 

銀行口座を登録するならどこおすすめ?

銀行口座を登録するなら楽天銀行がおすすめです。

楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

楽天銀行は1取引につき1回楽天スーパーポイントが発生するので銀行口座が登録できるLINE payやYahoo!ウォレットに登録すればチャージ毎にポイントが発生します。

楽天銀行

 

おすすめのスマホ決済サービスは?

各社基本的なサービスはほぼ横並びですので貯めているポイントをもとにメインを決めて、キャンペーンが始まればお得なサービスを使えばよいと思います。

超個人的な見解でいえば、やはりLINE payが一番普及するかなと思っています。

やはりアプリを新規でダウンロードして利用開始するというのはなかなかハードルが高いもので、その点LINE payは既に多くの方がLINEを利用している関係上、利用しやすいです。

普及してなんぼの世界なのではやくどこかが主導権を握ってもらいたいものですね。

まとめ

以上スマホアプリ決済サービス主要4社の情報をまとめてみました。

それぞれのサービスで利用可能店舗やチャージ方法が異なるのでよく確認の上利用してみてください。

それではまた。

公式サイト

LINE Pay

楽天ペイ: 街もネットも簡単お支払い!ポイントも貯まる!

d払い / ドコモ払い|dポイントがたまる!かんたん、便利なスマホ決済

PayPay - QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

関連リンク

www.moslog.net

www.moslog.net