モスログ

お小遣い1日800円の僕が10万円貯めるブログ

スポンサーリンク

楽天証券で投資信託の運用開始!利益も損益もすべて公開します。2019

こんにちは、楽天ポインターのもっさんです。

楽天証券で投資信託の運用を始めました。つみたてNISAと特定口座での運用を開始して1か月、運用実績報告です。

楽天証券は、楽天銀行、楽天カードと連携すれば楽天ポイントを貯めながら資産運用ができる証券会社です。

楽天証券の申し込みはこちらからどうぞ。

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)

アイキャッチ

投資信託運用実績報告!利益も損益もすべて公開!

2019年3月期

運用開始から1か月の運用実績です。 

投資信託運用実績

つみたてNISA 117円のプラスですね。利率にして4.34%です。

投資信託   283円のプラスですね。利率にして4.35%です。

投資信託運用方針

つみたてNISAは毎日100円の積立を実施しています。

投信信託は楽天ポイントのみで運用。毎月500ポイントを定期利用設定し、随時ポイントを追加していく予定です。

毎日100円の積立をするメリット

これは楽天銀行の優待プログラムであるハッピープログラムを有効活用するためです。

楽天銀行ハッピープログラム

楽天銀行と楽天証券をマネーブリッジ設定すれば、楽天銀行から自動引き落としが実行され毎日100円が引き落としされます。

ハッピープログラムのVIP以上の条件は取引回数20回か残高100万円以上が条件となっていますが、マネーブリッジによる引き落としもこの取引回数に含まれます。そのため毎日の引き落としごとに楽天ポイントが付与されていきます。

楽天ポイントは最大3ポイント付与されますので、月に20回引き落としがかかれば合計60ポイント付与される計算になります。

楽天ポイントで運用するメリット

楽天ポイントで運用するメリットは、楽天市場のSPUの条件を達成するためです。

楽天市場SPU

楽天市場のSPUでは楽天証券で月に500P以上買い付けを行えば条件が達成されます。この条件を達成するため毎月定期で500Pのポイント投資を実行しています。

但しこの条件、毎日100Pを利用し月間で合計500P以上利用した場合は対象外なので注意が必要です。

まとめ

以上運用開始から1か月の運用実績報告でした。

投資信託を少額の金額で購入しながら楽天ポイントを貯めて、その貯めたポイントでさらに投資信託を買い進めていく、楽天市場と楽天銀行、楽天証券のメリットを最大活用して運用をおこなっていきます。

今後は楽天カードでの投資信託の購入もチャレンジしてみます。

それではまた。

紹介したサービス

楽天証券

楽天銀行

楽天カード