モスログ

お小遣い1日800円の僕が10万円貯めるブログ

スポンサーリンク

退職代行サービスとは?デメリットはある?サービスの仕組みや退職までの流れを解説します。

退職代行サービスとは?メリットやデメリットはある?

「退職願いを出したのに退職させてもらえない…」

「仕事が忙しすぎて毎日会社と家の往復生活はもうイヤだ…」

 

こんにちは、ブラック企業に勤めて足掛け16年、ブラックマスターのもっさん(@moslog2)です。

ブラック企業に勤めてしまい会社を辞めたいのに仕事が忙しすぎて辞められない、先輩や上司に相談できない、退職届を提出しても受け取ってもらえないなど、ブラック企業を辞めたくても辞められない、そんなあなた。

ブラック企業を最速即日で退職できる、退職代行サービスというものがあります。

退職代行サービスとはざっくり言えば、あなたのかわりに会社に退職の意思を伝えてくれるサービスです。

この記事のポイント!
  • 退職代行サービスとは?
  • 会社を辞める方法
  • 退職代行サービスの仕組みとその流れ
  • 退職代行サービスのメリットデメリット

以上を詳しく解説します。

誰もができれば円満退職をしたい、しかしブラック企業から退職を引き止められ心も体も疲れてしまった、そんなあなたにぜひ読んでもらいたいです。

おすすめはココ!

当ブログから一番申し込みが多い退職代行サービスは退職代行SARABA!

相談無料、料金も28,000円とリーズナブルな金額設定ですよ。

\まずは無料相談/

退職代行サービスとは?ブラック企業も辞めることができる?

「退職代行サービスって最近よく聞くけど、どんなサービスなの?」

「上司がパワハラ上司で話を聞いてくれないけど、それでも退職できる?」

 

退職代行サービスとは勤めている会社に本人が退職の意思を直接伝えづらい場合に、退職の意思を第三者により代弁して伝えてもらえるサービスです。

代弁とは退職の意思と退職日を伝えることまでとなっており、基本的なサービスはここまでです。

それ以上の退職までに有給休暇を消化したい場合や未払いの残業代の請求などの交渉は、弁護士を立てて交渉せねばなりません。

そもそも会社を辞めるには?

ブラック企業に関わらず、会社を辞めるには退職届を提出する必要があると思われがちですが、本来は退職届のような書面で提出する必要もありません。

退職の意思を表明した電子メールを送付するだけでも退職は可能です。

退職届及びそれを類するものを提出すれば、基本的には提出後2週間で会社を辞めることができます。

これは民法で定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
民法627条より抜粋

退職・解雇・雇止め | 大阪労働局

この場合の雇用の期間を定めていない場合というのは一般的に正社員のことを指します。

一般的にはそれぞれの会社の就業規則や業務の引継ぎなどもありますので、退職までに1月以上の時間がかかるのが普通です。

退職代行を利用した場合の基本的な退職までの流れ

退職代行の基本的な退職までの流れは以下の通りです。

  1. メールやLINEで退職代行サービスに登録
  2. 退職代行サービスとの退職日の相談打ち合わせ
  3. 利用料金の振り込み
  4. 退職代行サービスから会社への退職の意思の伝達
  5. 退職

以上が基本的な流れになります。

サービスに登録後、即日入金すれば最速で即日退職も可能です。

弁護士事務所の運営する退職代行では、有給休暇の取得や残業代の請求交渉などが入りますが、基本的には別途の追加オプションになります。

退職代行を利用するデメリット、メリット

退職代行を利用すれば様々なデメリットやメリットがあります。

おもなデメリット、メリットを紹介します。

 

退職代行を利用するデメリットは?

退職代行のデメリットとしては

  • お金が必要
  • 会社に残った上司や同僚と連絡が取りずらくなる
  • 退職代行に理解のない人がいる

このようなデメリットがあります。それぞれ解説します。

退職代行のデメリット お金が必要

退職代行の1番のデメリットはやはりサービスを利用するのにお金が必要になってしまうことでしょう。

退職代行の会社によって金額は様々ですが、退職代行の利用料金は3~5万円が相場となっており、弁護士事務所のサービスを利用するとさらに料金がかかります。

ただ本来は必要のないお金ですが、体や心を壊す前の救済料金と考えれば安いかなとも思います。

退職代行のデメリット 会社に残った上司や同僚と連絡が取りずらくなる

退職代行を利用すると残った社員から逃げたと思われ、元上司や同僚と退職後連絡が取りずらくなる可能性もあります。

ただ優秀な上司ならいざ知らず、退職代行を使わざるをえないまで追い込んだ上司ならば連絡を取る必要などないでしょう。

退職代行のデメリット 退職代行に理解のない人がいる

残念ながらどんな世界にも文句を言う人はいるもので退職代行の利用に理解のない人はいます。

確かに退職の旨を上司に伝え円満退社ができるのが理想ですが、ブラック企業は個人の事情や体調など考えてはくれません。

円満退社ができれば退職代行サービスなど存在する必要などないのです。

外野から文句や不満を言う人は、ブラック企業に勤めることがどんなに過酷なのかわかっていません。

そんな意見は無視しましょう。

無事退職して健康なった姿を見せてあげれば良いのです。

 

退職代行を利用するメリットは?

退職代行サービスを利用するメリットは

  • ブラック企業を辞められる
  • 上司や会社と直接交渉せず辞められる
  • 即日退職できる
  • 弁護士事務所にお願いすれば訴えられることもない

以上がおもなメリットになります。それぞれを解説します。

退職代行のメリット ブラック企業を辞められる

退職代行の最大のメリットですがどんなブラック企業に勤めていても辞めることができることですね。

ぼくもブラック企業に勤めた経験がありますが、ブラック企業は激務と時間管理、工程管理ができない管理職が多く、明日の予定も決まらない実質的な日雇い労働な会社がほとんどです。

そんな会社に勤めていては転職活動に必要な時間も取れず日々の仕事に消耗し会社に洗脳されてしまいます。

退職代行を利用すれば最速即日で会社を辞めることができるので、身も心も消耗する前に辞めることができますよ。

退職代行のメリット 上司や会社と交渉せずに辞めることができる

ブラック企業の上司は部下の退職の話をまともに聞いてくれない人が多数です。

彼らは自分たちの仕事と同じで話を聞いてもそれを記憶から消し去って忘れたふりをすればもしくは時間が経てば、やり過ごせると思っている節があります。

退職のはなしを切り出しても、仕事の引継ぎはどうするのか補充人員がいないなど様々な理由を付けてあなたを引き留めようとしてくるでしょう。

退職代行のメリットはこのような煩わしい交渉をしないで済むのもメリットです。

退職代行のメリット 即日退職も可能

退職代行のおおきなメリットの一つとして退職代行を相談後即日で会社を辞めることが可能なことです。

本来は2週間前に退職の意思を伝えれば退職できますが、退職代行を利用すれば退職日を代弁してもらえ残りの2週間を有給消化で実質的に会社に出社せずに辞めることも可能です。

パワハラやセクハラ、いじめの被害にあっている場合などは特に有効な手段ですね。

退職代行のメリット 弁護士事務所にお願いすれば訴えられることもない

弁護士事務所に退職代行をお願いすれば有給の取得や未払い賃金や残業代の支払い交渉もおこなってくれます。

またブラック企業によっては退職による人員の確保にかかる費用の補填として、退職者に損害賠償請求を起こすぞと脅してくる企業もいるようです。

本来このような損害賠償請求自体、まったく論理的ではなく意味がない訴えなのですが弁護士事務所ならばこのような請求にも確実に対応してくれるメリットがあります。

おすすめの退職代行サービスは?

退職代行サービスのおすすめ会社を紹介します。

退職代行SARABA

料金 29800円
対応時間 24時間365日即時対応
支払方法
クレジットカード 
銀行振り込み
申し込み方法
LINE メール 電話 
ホームページから登録
その他 返金保証あり

退職代行SARABAは株式会社ワンが運営する退職代行サービス。

申し込みをすると24時間365日の対応で深夜でも即時対応してくれます。

実はこのブログで一番申し込みの多い退職代行です。

退職代行EXIT

料金
正社員 50,000円
パート 30,000円
対応時間 24時間対応
支払方法
クレジットカード 
銀行振り込み
申し込み方法
LINE メール 電話 
ホームページから登録
その他 追加費用なし

退職代行EXITはEXIT株式会社が運営する退職代行サービス。

メディアで多数紹介されていて、退職代行サービスをメジャーにした会社です。

汐留パートナーズ法律事務所

料金 50,000円
対応時間 24時間対応
支払方法
クレジットカード 
銀行振り込み
申し込み方法
LINE メール 電話 
ホームページから登録
その他 残業代請求などは別途費用

汐留パートナーズ法律事務所は弁護士事務所が運営する退職代行サービスです。

悪質なブラック企業から未払い賃金や残業代の請求をするなら、弁護士事務所に退職代行をお願いしましょう。

 

上記以外の退職代行サービスの情報も下記でまとめています。

各社それぞれサービスや料金に違いはありますが、あなたに最適なサービスを見つけてみてください。

www.moslog.net

 

まとめ

最後にまとめます。

  • 退職代行とは言いづらい退職を代理で伝えてくれる
  • 本来は退職届を提出してから2週間で辞められる
  • メリットもあるがデメリットも必ずあります

退職代行サービスの基本的な情報のまとめでした。

ブラック企業を辞める手段として退職代行は有効な手段ですが、やはりサービスの性質上メリットやデメリットは存在してしまいますね。

退職の意思を伝えて円満に会社を辞めることができればそれがベストですが、ブラック企業の中には色々と難癖をつけて会社に残るよう説得してきます。

そんなブラック企業との交渉にうんざりしているあなたには、退職代行を利用するのも一つの手段だと思います。

ブラック企業に悩まずにスパッと辞めて新しい仕事を探しましょう!

 

以上【退職代行サービスとは?デメリットはある?サービスの仕組みや退職までの流れを解説します。】でした!

それではまた!

おすすめはココ!

当ブログから一番申し込みが多い退職代行サービスは退職代行SARABA!

相談無料、料金も28,000円とリーズナブルな金額設定ですよ。

関連リンク

www.moslog.net